電力自由化による電気料金がお得に!ランキングサイト

電力自由化で電気を買うところを選べる時代

今まで電気は住んでる場所で一カ所しか電力会社がなく、他の会社や別の地域の電力会社からも買うことができず、買う会社を選べなかったのですが、今後は電力自由化となり従来の電力会社以外の会社からでも電気を買うことができるようになりました。

一般消費者が知らなかっただけでこれまでも、大きな工場では電力会社から買うよりも自分で電気を発電した方が安いという理由で自分の会社の為に発電してたりしましたし、ガスや石油を扱う会社などが電力自由化で電気を販売するようにもなってきました。また化石燃料だけでなく大きな土地に太陽光パネルを敷き詰め太陽光で発電するようになった場所が周りでも増えてきています。

競争することで、値下げになったり、サービスが良くなったりと、消費者にはお得な事が沢山ありますよね。このサイトは電気料金がお得になる情報を掲載し、それをもとにランキング形式でいろいろな会社のサービスをご紹介しています。

ハルエネ

総合評価 ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

日本においては、規制緩和が多くの業界・産業・シーンにおいて進められてきています。経済成長が停滞してきている現在においては、あらたな経済のけん引役になるとして期待されています。その中でもとくに注目されているのが電力自由化です。これにより自分たちで電力を購入する先を自由に決めることができるようになりました。

これにより自分たちのライフプランに合わせた電力販売化者を選択できるようになりました。再生可能なクリーンエネルギーの普及を後押ししたい人や企業においては、太陽光発電や風力発電で得た電気を中心に販売している会社を選択したりすることが可能になってきます。

とくに人気を集めているのが、お得な料金プランを提供してくれる販売会社になります。景気が低迷している中では、少しでも光熱費を安く抑えたい人たちも多くいます。そんな人たちが活用しているのが、多くの電力販売会社の提供するサービスや料金プランを比較・検討することができるWEBサイトになります。ハルエネでんきなどの新しいサービス提供会社などの特色を確認することもできます。じっくりと各社のサービスを検討することで、自身にあったライフスタイルを実現することが出来ることでしょう。

ソフトバンクでんき

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★★
公式サイトはコチラ

日本においては戦後の高度経済成長をけん引してきた、製造業界が大きな不振となってきています。高い技術力で世界中を席巻してきたメイドインジャパンですが、ここ数年では新興国に技術力・価格で追いつかれつつあります。日本の経済成長をもう一度なす為には、あらたな対策が必要になってきています。

また日本国内における閉塞感も強くなってきており、新たなビジネスなどを起こし易い環境を整える必要が迫られています。そのために規制緩和が少しずつですが進められています。これにより、新規参入が促進されてきており新たなビジネスが起こることが期待されています。

そのひとつが電力自由化です。これまでは地域ごとに電力会社が決められていました。それがこれからは自由に電気の購入先を選択することが出来るようになってきました。多くの企業などが電力販売に参入してきていますが、そこで決め手となるのはやはり料金になることでしょう。ソフトバンクでんきでは携帯やインターネット環境などをまとめると、お得になる料金プランがあります。そして電気代に応じてポイントが貯まっていくのが魅力となります。

ENEOSでんき

総合評価 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

電力自由化となり従来の電力会社以外の会社からでも電気を買うことができるようになりました。これは、電気代金を見直すチャンスですよね。これまではガソリンスタンドとして営業していたENEOSでもENEOSでんきという電力供給サービスを開始しました。

ENEOSでんきは、たとえば東京の場合、月120kwh以上ご利用の場合は電気代金1kwあたりの単価を従来の契約よりも安い設定となっており、これまでの電気使用量が多いほどお得になる料金プランとなっています。

ENEOSでんきには決済にカードを利用したカード割や2年契約を変更しない条件で適応となるにねんとくとく割などのオプションサービスを付けることで、さらに単価が下がるしくみとなっており、料金プランの見直しとあわせてお得になるサービスがたくさんあります。

東京ガス

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

東京ガスでは電力自由化にともない、電気の申し込みも受け付けています。すでに東京ガスをご利用の方には電気とまとめてお得な料金プランがあり、その他にも申し込み解約手数料なし、天然ガスでクリーンな発電をしており、それらの紹介もサイトで詳細に書いてあります。

もちろん電気の品質や信頼性などは他の電気会社と違いはありません。サイト内ではおトク金額早見表で年間どれくらいお得になるかなどの掲載や料金のシミュレーションなどの試算もできます。手続きは簡単で東京ガスに申し込みすれば良いだけです。

またパッチョポイントというポイントが溜まりプレゼントに応募できたり、提携ポイントD POINTやPonta T-POINT WAONポイントなどに交換できます。またわからないことがあればサイトに明記しているナビダイヤルで聞くこともできます。

東京電力

総合評価 ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

電力自由化が法律で認められ各家庭ごとに電力会社を自由に選べるようになりましたが、結局どの会社が良いのか、どう変わったのかが分からずそのままという家庭が多いのではないでしょうか。何も変更していなければ地域の電力会社での契約になっていますので関東であれば東京電力の契約になっているはずです。

電力自由化に伴い電力会社を変えるべきなのかどうかですが、東京電力自体も料金プランが他社と比べて特別高いわけではありません。一人暮らしであれば従量電灯プランもしくはスタンダートを契約すれば、基本料金がアンペアごとに決まった上で、どの時間帯でも同率の金額が掛かるので時間帯を気にせず使えますので安心です。最近では大家族や電気を多く使うご家庭向けにプレミアムプランも用意されていて、一定使用量まで定額で、それ以上はおトクに使って頂けます。またオール電化のご家庭向けのプランもあり、スマートライフプランではオール電化の方にピッタリのサービスや料金プランになっていますので、割安に抑えることが可能です。

電力自由化で『安くなる』と言われていても実際に安くなるかはご契約者様の状況次第です。目先の言葉に惑わされず、東京電力のサイトには料金シミュレーションも自由に行えるサービスがありますので、試してみるとご自身にピッタリのプランが見付かり、安くサービスを受けられるはずです。昔から電気を供給している電力会社だからこそ出来る料金プランやサービスを今一度確認してみてはいかがでしょうか。

昭和シェル石油

総合評価 ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★
サービス内容 ★★★★
公式サイトはコチラ

電力の供給会社を選べる時代になりました。既存の大手電力会社ではなく、携帯電話のキャリア企業やガス会社、石油会社などがどんどんこの分野に参入してきています。そしてそのお得な料金システムやサービスの向上などを知り、契約先を換える方が増えています。

お勧めの供給先は、昭和シェル石油です。石油会社ですが、このたびの電力自由化を受け、大手としての強みを生かしたサービスを電気という分野でも発揮させる動きがあります。詳しいことは公式サイトをご閲覧ください。

昭和シェル石油の電力供給サービスの仕様、料金プランなども、公式サイトからご確認することができます。電力の料金プランは一人暮らしやご家族で暮らしている方、またそのライフスタイルによって検討されることをお勧めします。お得なサービスを利用しましょう。

電力自由化が家計に与えるメリットとは

電力自由化の政策によって電気の利用条件は今までと全く変わらず支払先だけ変更できるようになりました。携帯会社などが支払先に名乗りを上げ、携帯代と一緒に電気代も支払うことができるようになりました。
また、電気料金によってポイントが付与されそれが様々なお店で使えたりするようです。
中には電気料金をスマホのアプリで管理することができ、1日の電気料金や電子機器ごとの電気料金を確認することができます。節電の意思があってもどの機械がどれほど電力を使っているのか分からなければ節電のしようもありませんが、それが分かれば効率よく節電することができます。
ポイント付与というメリットだけではなく、電気使用量への意識が変わり結果的に電気料金も安くなることが見込まれます。今までと全く同じ条件で電気が利用でき手続きも簡単なので、支払先を別の会社にする家庭が増えています。


電力自由化で経費節減に期待出来ます

バブル景気の崩壊から続いてきている日本経済の低迷している状況は、多くの企業・事業所を疲弊させてきました。とくに規模の小さな中小企業や個人経営のような零細企業においては、より大きな影響を受けてきています。景気も少しずつ回復傾向にはありますが、その恩恵を受けているのは大手企業ばかりで中小・零細企業までは回ってきていないケースが多いそうです。
そのために現在でも経営環境が厳しい状況が続いています。そんな状況下ですので経営環境を少しでも改善させるために、注目しているのが経費の節減でありその大きな部分を占めている電気代の節約になります。規制緩和で電力自由化がすすめられてきており、自由に電力購入先を決められるようになりました。そのため少しでも価格の安い電力会社を選択することで経費を節減させることができます。
WEBサイトなどでは比較サイトなどもありますので、経費節減に取り組んでいるなら一度検討することをお勧めします。


電力自由化で自分に合った電力が選べます

これまで電力と言うのは、自分の住んでいる地域を管轄する電力会社からしか購入する事が出来ませんでした。ですがこれだと電力会社は営業努力をせずに顧客を獲得できますから、電力会社側に有利な状態となって居ました。この状態を打開すべく、電力自由化が導入されました。
これにより、私たちはどこに住んでいたとしても、自由に電力会社を選ぶ事が出来るようになりました。たとえばとにかく電気料金を低く抑えたい方は、電気料金が一番安い電力会社を選べます。また安定して電気を供給してもらいたい方は、安定性の高い電力会社から電力を購入できます。
また電力自由化によって、電力会社以外でも電力を販売できるようになり、他業種から電力販売に参加するようになっています。電力自由化によって、私たちは自分の条件にぴったりと合った会社から電気を買えるようになり、自由度がかなり増したと言えます。

ページトップへ