電力自由化による電気料金がお得に!ランキングサイト

トップ > 電力自由化情報 > 電力の自由化は個人でも法人でも同じように対象か

電力の自由化は個人でも法人でも同じように対象か

 電力自由化に伴って、新規の民間企業がどんどん電力業界に参入しつつあります。個人はもちろん、法人においても電力会社選びはコスト削減をする上で重要なポイントの一つになりますので知識を得ておくことが大切です。
 一番のメリットは、ともに「電気料金の節約」にあります。個人契約では、これまで地域によって定められた電力会社としか契約が出来ませんでした。
 しかし、2016年4月からは電力を販売する小売業への参入が解禁となりました。すべての電気利用者が自分で電力会社を選べる時代が始まっています。
 これは、簡単に言えば市場の開放により自由競争ができるようになったということです。そのため、それまで電力を販売していた電力会社は、顧客が新しい企業に流れるのを防ぐためにプランを工夫しています。
 また新規に参入した企業は既存の電力会社から顧客を獲得しようと知恵を絞ります。その結果、電力を使用する私たち利用者にとって、料金やサービスが改善される流れが加速していくと期待されています。
 また、これは今に始まったことではなく、企業向けには以前から段階的に導入を進めてきました。


 従来からの地域大手電力会社のほかに、驚くほど多くの会社から電気を買うことが出来る時代になりました。
 電気の価格一本で勝負する電力会社や、携帯電話料金やガス料金、その他サービスとの「セット割り」で顧客を獲得しようとする電力会社もあります。
 本当に様々なプランと会社がありますので選択も悩むでしょう。もちろん従来からの大手電力会社も負けてはいません。
 対抗プランを打ち出して従来のプランよりも価格や様々なサービスでメリットを打ち出していますので、大手電力会社でもっとお得なプランに変更するという選択肢が加わりました。
 これは消費者にとっては大変ありがたいことです。勿論、個人だけではありません、商店・飲食店・事務所などを経営する客を対象にしたお得なプランも様々打ち出されています。
 商店や飲食店などで大型エアコンなどの動力を使用されるところも多いでしょう。標準電圧200V(三相3線式)で電気を届けてくれたりも可能です。


 ビルや工場などの高圧電力の建物は、2000年と2004年・2005年に電力自由化がスタートしています。電力会社を乗り換えることで、電気料金の削減やポイントなどその他要素による還元などメリットが生まれます。
 とくに大量の電力を必要とする企業であれば、電力会社を自社に合ったところに変更することで、より大きな電気コスト削減につながる可能性があるのは間違いありません。
 電力を供給している新電力事業者は、地域ごとにたくさんあります。特別高圧・高圧電力の自由化は10年以上前に解禁されているため、2016年4月に解禁されたばかりの一般家庭向け電力会社より圧倒的に数が多いです。
 手続きには平均して1カ月から2カ月は必要となります。スマートメーターへの切り替えは無料で行ってもらえ、交換時点の停電なども心配ありません。
 もちろん、立地や状況などによっては見合った会社を検討する必要があります。特別高圧や高圧の電力会社乗り換えは、上手くすれば年間100万円以上の電気代削減も期待できるので、見積もりをしっかりと比較検討した上で契約するようにしましょう。

次の記事へ

ページトップへ