電力自由化による電気料金がお得に!ランキングサイト

トップ > 電力自由化情報 > 電力自由化が形骸化してしまう恐れがあります

電力自由化が形骸化してしまう恐れがあります

これまで電気は地域を管轄する電力会社としか、契約する事が出来ませんでした。
ですが先頃始まった電力自由化に因って、私たち消費者はどの電力会社とも自由に契約が出来る様になりました。
ところが制度が始まって大分時間が経っているにもかかわらず、未だに電力会社を変えていない人たちが大半を占めています。
変える必要がないから変えない人たちもいますが、中には変えたいと言う気持ちはあっても変えずにいる人たちがいます。
何故変えたいと考えているのに変えないのかといえば、その理由の大半が制度の事が良く分かっていないからです。
契約を変更するのにとても手間がかかるのではと考え、契約変更を断念してしまっています。
このままでは電力自由化が形骸化してしまう恐れがありますから、契約変更の手続きを簡素化して、契約変更が簡単に行えることをアピールしていく事が大切です。



電力自由化でお得な生活が出来ます

電力自由化に因る私たち消費者の最大のメリットと言えば、それは電気料金が安くなるという事です。
これまでは電力会社が独占して販売してきた電力が、他の分野の企業が電力を販売できるようになる事により、電力会社は電気料金を下げざるを得ません。
これによってこれまで高止まりしていた電気料金が、やっと値下げされる可能性が出て来ました。
電力自由化によって参入した企業に契約変更すれば、更にお得になる可能性があります。
たとえばこの度通信会社が電力販売に乗り出してきましたが、電気料金が安くなるだけでなく、携帯電話などの通信料金も値下げしてもらえる可能性があります。
つまりダブルでお得という訳です。
ですからこの電力自由化を良い機会として、自分がどの会社と契約をするのが一番お得なのか、しっかりと検討してみる事をお勧めします。



電力自由化で電力会社を選ぶ時のポイントとは

電力自由化によって、これまでの電力会社と比べて安くなるケースも出てきました。
ではその中でどこを選べばいいのでしょうか。
民間の電力比較サイトなどが出回っていますので、料金などを比較することは簡単にできます。
ですがそれぞれのサービスの内容が違っているので単純な比較はできません。
そこで見てほしいのが小売り電気事業者毎の付帯したサービスです。
例えばポイントカードが使えるA社、通信のプランと合わせて考えたり、地域密着サービスを優先しているところなども判断材量になります。
いずれにしても自分が使えるサービスがついていなければ、小売り電気事業者を選ぶメリットはほとんどありません。
電力自由化がすすんでいるアメリカでは、逆に電気料金が上がったという事例も起こってきています、電気料金があがってします。
もう忙しくて難しアガですか。
ちう新sチューアー

次の記事へ

ページトップへ